多汗症の悩みを解決する|原因や治療方法について

医者

簡単な治療

ナース

美容外科で受けることのできる多汗症治療の一つに、ボトックス注射と呼ばれるものが存在します。ボトックス注射というのは、神経伝達物質の分泌を抑制する働きのある注射です。シワやたるみ解消、部分痩せ等様々な目的で使用される注射で、多汗症に対しても高い効果を発揮します。多汗症というのは、運動をした時等に分泌される一般的な汗を分泌するエクリン汗腺の働きが異常に活発化することによって引き起こされます。エクリン汗腺の働きが異常に活発化してしまう原因は緊張・不安・ストレスといった精神的な理由であったり、偏った食生活・病気・疾患・肥満・ホルモンバランスの乱れであったりと様々な原因が挙げられます。どういった原因であっても、エクリン汗腺の働きを抑制しなければ多汗症を改善することはできないでしょう。美容外科では剪除法と呼ばれる外科的治療によってエクリン汗腺を直接取り除き、多汗症を完治させることが可能です。しかし、数多くの人々の中には手術に対して苦手意識を持っている人や、手術を受けている時間が無いという人が少なからずいるかと思います。

ボトックス注射であれば、そういった人であっても気軽に多汗症を治療することができるのです。ただ、ボトックス注射による治療は制汗効果を長期的に得るためのものであり、多汗症を完治させることを目的としていません。ボトックス注射を皮膚下に存在するエクリン腺に注射すると、前述した通りエクリン腺に指示を出す神経伝達物質の分泌が抑制されます。そうなると、エクリン汗腺の働きも抑えられるのです。この治療は10分程度で終えることが可能で、治療費も剪除法と比べて安く済ませることができます。ボトックス注射は脇や額、手、足、うなじといった箇所で発生している多汗症に使用することができますので、そういった箇所の多汗症で悩んでいるという人がいれば美容外科にてボトックス注射による治療を受けることをお勧めします。ただ、美容外科でボトックス注射による治療を受けようと考える時には、より質の良いボトックス注射を用意している美容外科を選びましょう。ボトックス注射には様々な種類が存在し、質も異なります。自身の身体に注入するものですから、より安心して注入できる質の高いボトックス注射を用意している美容外科を受診することが大切になるのです。