多汗症の悩みを解決する|原因や治療方法について

医者

様々な治療

ドクター

美容外科で受けることのできる多汗症治療には、塗り薬や飲み薬の処方による治療を始め、剪除法(手術)やボトックス注射、超音波法・吸引法といった様々な治療を受けることが可能です。ここでは、それぞれの治療法における内容と効果の違いを知っていきしょう。まずは、塗り薬と飲み薬の処方による治療についてです。多汗症における塗り薬というのは、塩化アルミニウム軟膏等です。塩化アルミニウム軟膏を皮膚に塗ると、皮膚に存在する無数の汗孔の形状が変わります。汗孔の形状が変わることによって、制汗効果を得ることができるのです。そのため、この軟膏に用いられている塩化アルミニウムは制汗剤の主成分として使用されています。塩化アルミニウム軟膏による治療の効果は一過性のものであり、多汗症を完治させることはできません。ただ、一過性とはいえ高い制汗効果を持っていますので、手術等による外科的治療が苦手だという人にお勧めです。

次に、飲み薬について説明していきます。飲み薬というのは抗コリン薬等のことで、服用することでエクリン汗腺を活発化させている交感神経の働きを遮断することが可能です。交感神経の働きが遮断されれば汗を分泌するエクリン汗腺の働きも抑制されますので、制汗効果を得ることができるのです。これも軟膏と同様に、効果が一過性のものとなっています。ただ、軟膏との違いとして抗コリン薬には排便排尿障害といった副作用がありますので、継続した服用は好ましくありません。次に、外科的治療法である剪除法について知っていきましょう。剪除法は脇の皮膚を数cm切り開き、多汗症の原因となるエクリン汗腺を目視しながら直接取り除くといった方法です。術後には傷跡が残ってしまいますが、その完治率の高さから人気となっています。最後に、ボトックス注射と超音波法の内容と効果について説明していきます。ボトックス注射は神経伝達物質の働きを阻害する物質を患部に注射するといったもので、それをエポクリン汗腺に注射することで汗の分泌を止めることが可能です。超音波法に関しては、切開を行なわずに超音波を患部に照射することによって、原因となる汗腺のみを熱破壊するといった方法になります。ボトックス注射も超音波法のどちらも完治とまではいきませんが、長期的に効果が持続するといった特徴があるのです。