多汗症の悩みを解決する|原因や治療方法について

医者

ミラドライによる治療

カウンセリング

多汗症の治療方法の一つに、ミラドライと呼ばれるものが存在します。ミラドライは美容外科・皮膚科のどちらでも利用することができますが、クリニックによって導入していないところもあるので注意が必要です。ミラドライによる多汗症治療を受けたいと考えているのであれば、事前にクリニックのホームページを閲覧してミラドライが導入されているかどうか確認することをお勧めします。ここでは、ミラドライがどういった治療方法なのかを知っていきましょう。ミラドライというのは、マイクロウェーブを発生させることのできる医療機器です。この医療機器を利用してマイクロウェーブを患部に照射することによって、多汗症の原因となるエクリン腺を破壊することができます。ミラドライが照射するマイクロウェーブはエクリン腺及びアポクリン汗腺のみに反応するエネルギーであり、反応した際には熱エネルギーを発生させます。つまり、エクリン腺やアポクリン汗腺はマイクロウェーブにより生じた熱エネルギーによって破壊されるのです。多汗症の原因となる汗腺はエクリン腺で、ここで出てきたアポクリン汗腺というのはワキガの原因となる汗腺になりあます。ワキガ治療においても、ミラドライは活躍しているのです。

ミラドライを利用するメリットは、切開を必要しないといった点にあります。一般的な方法でエクリン腺やアポクリン汗腺を破壊するためには、手術による切開が必要でした。しかし、マイクロウェーブは皮膚の上からでも照射することができますので、切開が必要ないのです。切開が必要ないということは、それだけダウンタイムが短いということでもあります。このように、ミラドライはメリットの大きな治療方法なのです。ただし、幾つかのデメリットも存在します。そのデメリットというのは、効果が永続的ではないという点です。ミラドライでは長期的に治療の効果が持続しますが、多汗症を完治させることはできません。なぜなら、全てのエクリン腺を確実に破壊できる訳ではないからです。多汗症は少しでもエクリン腺が残っていると再発するため、ミラドライでは完治させることができません。そのため、治療方法について考える時には、傷が残らずダウンタイムの短い方法を選ぶか傷が残ってしまうが確実にエクリン腺を除去できる方法を選ぶか、治療によるメリットの違いから自身が納得して受けられる治療を選ぶことが大切になるのです。